ドメインの情報を逃すな!

ドメインにはさまざまな種類がありますが、最近でも新たに.shopというドメインが発表されました。新ドメインは早い者順で登録受付が開始されることが多いので、ドメインに関する情報はいち早くチェックしておきましょう。

ドメインの重複を防ぐウェブマスターツールのルート

コピーコンテンツをチェックするためにウェブマスターツールというものがあります。グーグルにはwwwつきのドメインとそうでないものが同じように表示されていた場合、重複によるペナルティを受けることがあるのです。そのためどちらを表示するか統一したほうが良いでしょう。
設定のルートとしてはウェブマスターツールの管理画面からサイトの設定を押して、使用するドメインを指定します。この際、設定しないにチェックがついているとどちらも表示されるため、どちらか使いたいほうを選んで利用するようにしてください。wwwありで設定したときには所有権を入力する必要があります。
この設定をしておくだけでもグーグルからのペナルティを防ぐことができます。特に理由も無く、コピーコンテンツ、重複サイトとしてペナルティを受けるのは非常にもったいないので、やっておきたい対策のひとつとしてあげることができるでしょう。
そのほかのペナルティに関してはコピーライティングによる、重複コンテンツが挙げられます。これは他のサイトから文章をそのまま使ったときだけではなく、サイトの移管時にも注意が必要です。たとえばドメインを移し変えたときにコンテンツをそのままにしておくと、コピー扱いとされるリスクがあります。そのようなことがないようリライト作業をすることをおすすめしますし、新しくコンテンツを作る場合もツールの利用や検索窓を使ってペナルティに該当しないかチェックしておいたほうがよいでしょう。
これらのポイントをきっちりと押さえておけば、コンテンツを作るたびに情報が蓄積され上位表示へと役立てることができます。日々のライティングにもぜひ役立ててくださいね。