ドメインの情報を逃すな!

ドメインにはさまざまな種類がありますが、最近でも新たに.shopというドメインが発表されました。新ドメインは早い者順で登録受付が開始されることが多いので、ドメインに関する情報はいち早くチェックしておきましょう。

2016年12月の記事一覧

サテライトサイトの作り方ではドメイン分散が大事

サテライトサイトとは、本命サイトのアクセス増大や、サテライトサイトから本命サイトへリンクを張ることによりSEO効果を狙うといった目的を持って作成されるものです。作り方は目的によっても変わってきます。サテライトサイトから本命サイトへのアクセスを流すという目的ならば、サテライトサイトもそれなりにコンテンツを充実させ、またデザインなども人の目で見るに耐えるようなものにする必要があります。単にリンクを張ってSEO効果を狙いたいということであれば、そもそも他人に見られることはあまり想定していないわけですから、とにかくテキストを書いてどんどん投稿していけばいいわけです。しかし、あまりいいかげんな文章を書いたり、1記事に100本のリンクを貼るなどの不自然なことをすると、検索エンジンから嫌われ逆効果になることもあります。酷い場合はペナルティを受けて本命サイトもろとも検索エンジンに出てこなくなってしまう可能性もあります。あくまでも自然な形になるように配慮してサテライトサイトは作らなければいけません。ドメインなども単一のところからばかりリンクを張ると不自然です。できれば、多くの別ドメインからリンクを張るべきです。しかし、サテライトサイトを作成する作業というのはかなり面倒であり、あまり情熱の湧く作業でもありません。正直な話、サテライトサイトを作る労力を本命サイトのコンテンツ作成に振り向けた方が芳しい成果があがる場合が多いです。どうしてもサテライトサイトを作りたいというのであれば、外注するというのも1つ方法です。多くのブロガーに記事を書いてもらって自分のサイトを紹介してもらうというようなサービスを行っているところがありますから、そういうのを利用するのも手です。

続きを読む

ドメインの重複を防ぐウェブマスターツールのルート

コピーコンテンツをチェックするためにウェブマスターツールというものがあります。グーグルにはwwwつきのドメインとそうでないものが同じように表示されていた場合、重複によるペナルティを受けることがあるのです。そのためどちらを表示するか統一したほうが良いでしょう。
設定のルートとしてはウェブマスターツールの管理画面からサイトの設定を押して、使用するドメインを指定します。この際、設定しないにチェックがついているとどちらも表示されるため、どちらか使いたいほうを選んで利用するようにしてください。wwwありで設定したときには所有権を入力する必要があります。
この設定をしておくだけでもグーグルからのペナルティを防ぐことができます。特に理由も無く、コピーコンテンツ、重複サイトとしてペナルティを受けるのは非常にもったいないので、やっておきたい対策のひとつとしてあげることができるでしょう。
そのほかのペナルティに関してはコピーライティングによる、重複コンテンツが挙げられます。これは他のサイトから文章をそのまま使ったときだけではなく、サイトの移管時にも注意が必要です。たとえばドメインを移し変えたときにコンテンツをそのままにしておくと、コピー扱いとされるリスクがあります。そのようなことがないようリライト作業をすることをおすすめしますし、新しくコンテンツを作る場合もツールの利用や検索窓を使ってペナルティに該当しないかチェックしておいたほうがよいでしょう。
これらのポイントをきっちりと押さえておけば、コンテンツを作るたびに情報が蓄積され上位表示へと役立てることができます。日々のライティングにもぜひ役立ててくださいね。

続きを読む